メンタル部門

メンタル部門の紹介

比較的新しいカウンセリング関係の著書には、「現代は『悩み多き時代』であり、国民の多くが追い詰められている。また現代人の大きな特徴は『主体性の著しい後退』である」とあります。自分で考え、他者の意見も参考にし、自分で決断し、自分の行動は自分で責任をとるという能力が低下しているということです。主体性後退の状態では「真の自立」はほど遠く、自分も他者も苦しむことになります。この苦しみを出発点にして立ち直ろうとするとき、以下のプログラムが有効です。

 

箱庭

箱庭は、作品を作る砂遊びです。遊びの過程で、日々の緊張を和らげながら作る作品には、自分でも気づかない心の動きやうまく言葉では語ることのできない「何か」が表現されます。この「何か」が、今の自分には無視できないものなのです。
その「何か」を探るために、できあがった作品を眺め、感じたことを話し、「心の物語」を紡いでいきます。

受講料

時間 1回50分
料金 4,400円

リラクセーション

これらは過緊張の状態です。

このような場合、まず第1 段階として肩・首をほぐすリラクセーションが有効です。

そして第2 段階としては自分の心身をコントロールできるようになる「自律訓練法」を身につけることが、学習効果を高めることになります。

受講料

時間 1回50分
料金 4,400円

※延長は30分毎に¥2,200プラス

不登校・退学生対応

勁草学舎では、不登校・高校中退、引きこもりなどの状態にあるお子さまの実態をメンタル部門担当者が面談し、将来の可能性に向けて学習塾部門と連携をとり、対応プログラムを組み立てます。教科学習を通してその子どもの日常性を取り戻すことが解決への一番の早道です。

勁草学舎の適応指導プログラム
ページトップへ