勁草学舎とは

基礎学力向上プログラム

日本では昔から、学習の基本は「読み・書き・そろばん」だと考えられてきました。そろばんを算数・数学の「計算」だと置き換えてみると、この言葉は現代においても通用することがわかります。ではそれらを含めた本当の「基礎学力」とは何でしょうか。勁草学舎では「それを身につけることで、さらにその上に応用・発展の学力を築くことのできる学力」であると考えています。言い換えれば、学力の土台ともいうべき部分です。その土台を頑丈なものにするために、勁草学舎ではさまざまな取り組みを行っています。

フラッシュカード
以前、子どもたちに幼い頃より「論語」を素読させる教授法がありました。意味はさておき、ひたすら声に出させて読むことをくり返すのです。後年、このことが漢学の素養を身につける上で絶大な効果があったと多くの文人知識人たちが語っています。フラッシュカ-ドとは素早くめくられるカ-ドを教師に続いて声に出して読むことをくり返す指導法です。いわば現代版の「素読」です。実際に集中力を高め、知識を効率よく吸収することができます。小学生では部首名、ことわざ、四字熟語、中学生では英単語、古語の意味を覚えるまでの時間が短くなりました。また、どんな意味なのかという子どもたちの興味を喚起することにも効果があります。
「一日一字」の学習が大切なわけ
勁草学舎の漢字指導が「一日一字」と呼ばれるのは、何よりも言葉の学習がコツコツと粘り強く、日々継続していくことを大切にしているからです。まず、どの学年でも「教科書漢字テスト」を「読み」先習(先に習う)で行います。読みとともに字の意味を確実に学びます。それができれば、次は「書き」です。筆順、音訓、漢字のでき方(六書)などトータルに習得させます。また季節講習会では「統一課題」としてさらなる定着を図ります。「教科書漢字」が一通り習得できたら、個々の段階に合わせて昇級式の「一日一字」各級にチャレンジです。語彙力アップとともに年3回の漢字検定受検と合格につなげていきます。
100マス計算で集中力アップ!
毎回の基礎計算で計算力アップ!

小学生においては、授業の冒頭で100マス計算をすることにより授業への集中度を高めます。また、小3 ~中3は毎回基礎計算の小テストも実施しています。計算力の向上は算数・数学の得点力アップに不可欠です。授業の度に行う基礎計算のくり返しにより、しばらく前に学習した計算の手順を忘れるのを防ぎ、各種計算の解き方を身につけます。定着が良くない計算問題については類題に取り組んでもらい、できるようになるまで練習をくり返します。
「継続は力なり」〜毎回の授業で語彙力アップ
英語学習でさけて通れないのが単語の暗記です。中1・中2では、学校の教科書に登場する単語を毎日コツコツ練習してもらいます。中3では、高校入試によく出る単語を年度初めから練習して入試の準備をします。各学年とも授業の度に毎回書きのテストを実施し、全問正解で合格とします。また、日頃の成果を発揮する機会、単語練習の仕方を再確認する機会として、年に一度100問のスペリングコンテストを実施します。みごと満点を達成した生徒には、英文の賞状を差し上げてその栄誉を称えます。
一つ一つの授業の積み重ねで成績アップ
理科の学習では、理解をすること・覚えることなどいろいろな要素が混ざってきます。限られた時間の中でそれらの多くのことをしっかりと覚える為には、一つ一つの授業で出てきた「重要語句」「公式」「法則」をしっかりと押さえ、反復することが大切です。その為に、授業で扱った内容を、宿題やチェックテストで何度も確認していきます。
地理・歴史・公民の用語を収録
社会の勉強の土台となるのは何と言っても用語、地名人名、出来事などの語句知識の暗記です。暗記がすべてではありませんが、基本の知識が頭に入っていなければ、正確に情報をつかんで、類推から問題解決へ至ることは到底できません。「社会最重要語句集」には中高入試問題を解き進めていくのに必要不可欠な地理・歴史・公民の重要語句が収録されています。毎週授業中に行われる確認テストを通じて、徹底して基礎知識を身につけさせます。
ページトップへ